■ 人と地球を守るこれからのくらしと土の建築

と 左官の建築が世界中で見直され、現代の新しい住まいとしてつくられています。

このようなことが可能です。

                                                                                          

・省エネ

□   いつも湿度が適切で、空気が心地よい部屋に住みたい。             → 事例 1

□   光熱費が少なく、エアコンに頼らないで暮らしたい。             → 事例  2

 

□   調湿性のある自然素材と100%自然エネルギーで暮らしたい。   →   事例 3 

 

・美しさ・心地よさ

□   素材の生命力と光との美しさ・・・を感じて過ごしたい。           →    事例 2

□    圧迫感のあるコンクリートの部屋を快適に過ごしたい。              → 事例 4

 

・安全性・健康

□   毒性がなく土に還る素材で、環境負荷の少ない家をつくりたい。 →  事例 3

     

・リノベーション

□   寒い北側の部屋の断熱性を上げ、心地よい部屋にしたい。   

□   キッチンを広くし、調湿性のある自然素材の中で暮らしたい。   →    事例5, 6

 

            

しかし、単に昔の 和風・民家風の「土壁の家」を再現するのではありません。

 

土の断熱性は木の約1/5。コンクリートの約2.3倍。

蓄熱性は、木の約2倍。コンクリートの約1/1.5。

そして大きな調湿効果があります。

この「土」の性質を使い、現代に合うかたちで 木と石灰を併用し、

 

1 必要ならば 土に還る断熱材を組み込んで現代の温熱環境を満たす。

2 それを現代的なデザインとして表現する。

3 建主さんと職人さん、設計者が一つになって適正な価格でつくる。

 

それによって

 

環境負荷が少なく、土に還る「現代の美しい」住まい=「土の家」をつくる。

 

ここはその家づくりをめざす方のための場です。

 

     

  

     

1

2

 

3

 

6

 

5

 

4

 

    Build the earth with craftsmanship

 

            with local earth, trees, and people

              Architects studio in Karuizawa Japan

     

        遠野未来 建築事務所

地域の土・木・人で 大地を建築する

軽井沢の建築設計事務所

 

 ■English TEXT   

PROFILE  CONCEPT - 1  2  3  4  5    7     9 

10 -   

youtube