Tono Mirai     architect  / Japan

 

Curriculums Vitae

 

Vision

 

Earth to Earth. 

 

Tono Mirai is an architect who creates contemporary architecture by using traditional material ‘earth’.

 

His characteristic organic form is made from the flowing spirits in the space that give the human's relief and energy.

 

He gets many prizes in Japan and

internationally.

 

Profile

 

1962 Born in Sendai City, Japan

 

1986   Graduated from Waseda University Department of architecture in Tokyo. BA.

1988   Completion of the Master course of Waseda University              Department of architecture in Tokyo. MA.

 

1988-1992  Worked at an architect's studio.

1995          Established Tono Mirai architects

 

2008~2018

  lecturer at Maebashi Institute of Technology  Dept.of architecture.

 

=====

 

  He started making clay and Earth architecture after coming across the material of comfort and freedom of design and environment when his construction own nest house in Tokyo.

It changed his architectural way from modern to ecological and sustainable down to earth.

 

He studied earth house  participated in many workshops and lectures and started earth project

in Japan and abroad by using local clay and wood and local people.

 

Now He is aiming at contributing to society by the possibility of Earth house of the future all over the world.

 

 

Main Works         (▼click to the works page)

 

・Shell House/ The language of forest  

                                       contemporary mudhouse Japan

Kanda SU/ nest    Mudhouse in the building

Future House/    Traditional and modern mudhouse Japan

・House for stories /    Spiral Strawbale house

・Nest nursery /lime plastered organic nursery interior

・nest=0  /    earth apace installation in London

 

Etc.

 

PRIZES

 

2019   Architizer A+Award Jury winner. 

            Grand Prize for the residence of Nagano Architectural                   association

2018    Special Prize for the residence of Cental region

             Wood Design Award 2018

                               ▶  Shell House/ The language of forest

 

2016 TERRA AWARD Prize for Honorable mention       international contemporary Earth architecture Award

 

2016 Recommend Prize of Activity / Japan Institute of    Architecture Kanto Branch

2011  1st  PRIZE new traditional wooden House Prize,    Japan / Monodukuri University

2011  Recommended Design Prize /  Association for              Children's Environment

 

2013,11,09    Prize for architectural plaster work / Japan shikkui association

2008    Prize for Reform Design Contest Japan

           Prize for Education / Architecture Institute of Japan                      (supported work)

2006 Special PRIZE  /  Ecological  Art Award of Japan

2004  1st  PRIZE  Reform, renewal & conversion architecture Award Japan

          The prize for interior Planning Award

 

1994  Brightest hope Prize/ Nashop lighting contest

 

 

● Contact:

 

 Works offering is welcomed from all over the world.

 

Plaese contact  by e-mail

Tono Mirai architects  

 

e-mail: nest@tonomirai.com

 

1962年 仙台市出身
1988年 早稲田大学建築学科大学院修士課程修了

 

 設計事務所勤務後、1995年 遠野未来建築事務所設立。

  東京・神田のビルに住んで家族が体調を壊し、そこを自力で安らげる場に改装する過程で土の建築の素晴らしさに出会う。それ以降、日本と世界のワークショップに参加して学び、土と左官の建築をつくるようになる。

 

 現在「現代の土の家」をテーマにその土地に根ざした「土に還るいのちの場」

 

 をめざし全国各地で建築設計・空間づくりを行っている。

 

 2007〜2018年 前橋工科大学建築学科非常勤講師。

 

 2011.3.11東日本震災で建物のほとんどが廃棄物になっている光景に愕然とし、それ以降、日本での「土の建築」の活用に再度目覚め、大学と共同で土の家の温熱環境、強度、放射線遮断性能などの調査・研究を本格的に始める。

学会やセミナーで発表を行なっている。

 

    2016年、「自然なくらし」を求め、30年以上住んだ東京より軽井沢に事務所と住居を移転。都会と地方両方の視点から全国に向け「土のあるくらし」の提案を行っている。

● 主な作品  Main WORKS 

  神田SU(1999)、House for stories (2001)、

     森風エコキャビン(2009), みらいのいえ(2010)など

 

● 主な受賞  PRIZES

  リフォーム&リニューアルコンテスト最優秀賞、エコアート大賞特別賞,

   新たな伝統工法の家1等、日本漆喰協会作品賞(2009,2011,2013)など    

    ▶ 詳細 DETAIL

 

●資格

 一級建築士  建設大臣登録  254192号

  こども環境学会 こども環境アドバイザー

  

● 所属

  日本建築家協会、日本建築学会、日本建築士会連合会、

  こども環境学会、日本バウビオロギー研究会 他

 

● 展覧会 

 

1996. 01             KU 

         

  個展(東京・アートフォーラム谷中)  鉄とガラスによる空間展示。 

 

 2000. 07-08        nest=0  

    

   個展(ロンドン・97-99ギャラリー)  土と藁による空間展示。 

 

 2001. 2     Making Buildings 

   

         グループ展(ウォルソール・アートセンター他 全英巡回展)

                           土と藁による可動シェルター。

 

 2012. 4        日本のデザイン- 持続可能なスタイル- 展 

    

          グループ展(ウエールズ/ルーシン・クラフツセンター

                                                                  Ruthin Crafts Centre/Wales)

                     代表作展示と地元小学生参加による木と土のシェルター 制作。

   

2017.   05-06                 境界を超えて

  

   グループ展         アジア・デザイナーズ・プラットフォーム (ADP)

                               (タイ・バンコク Sombatpermpoon Gallery/ Bankok)  

 

2018.   04                      Japanese Earth Architecture 展

  

   グループ展          Terra Migaki Design 2018

                                   (イタリア・ミラノ Cassina Cuccana/Milan)  

 

                                                                                                                        

●大学等での教育・研究実践

 

2000.6-8  London CHEHSEA COLLEGE OF ART& DESIGN 

                                空間デザイン科と空間共同制作

2002        日本大学・職業能率開発大学と共同で建築制作

2003. 8-10     京都左官学院と空間共同制作

2004.10-05. 02   職業能率開発大学 非常勤講師  

                                   (担当 2年:木造左官実習)

2005.8-10      金沢工業大学、金沢職人大学校と空間共同制作

2007-           前橋工科大学非常勤講師。 土建築の共同研究     

2011.1         日本工業大学 建築学科 特別授業 左官ワークショップ

2011.11         東洋大学 建築学科 長澤研究室ゼミでレクチャー。

2012,13         ものつくり大 建設学科大塚研究室と現代の版築工法の研究 

2012-14         伊東豊雄こども建築塾TA  

2014.1        埼玉大学 建設学部で特別講義

2014.6        千葉大学デザイン学部で特別講義 

2018.02       富山大学で特別講義 

2018.04.20             イタリア・ミラノ工科大の土建築シンポジウムで講演

2018.12.01            前橋工科大 公開市民講座 「版築と土の建築」について講演

 

 

  

遠野 未来     Tono Mirai      / architect  

 

 

Introduction   at nest=0 exhibition ( 2000 London)

 Stetement  at Wales exhibition ( 2012 Wales)

    Build the earth with craftsmanship

 

            with local earth, trees, and people

              Architects studio in Karuizawa Japan

     

        遠野未来 建築事務所

地域の土・木・人で 大地を建築する

軽井沢の建築設計事務所

 

 ■English TEXT   

PROFILE  CONCEPT - 1  2  3  4  5    7     9 

10 -   

youtube