神田SU   (1999-2004)  / Kanda SU (nest)  (1999-2004)

 東京の都心・神田の事務所ビルの中につくられた土壁の家。遠野未来の元自宅兼事務所。入居時の「新建材による閉塞的空間」を「自然素材による気の流れる空間」にリノベーションしたもの。タイトルのnestには「自分でつくる いのちの場」という意味が込められている。

 

 心身的ストレスで家族が体調を崩したのを機に 「心身とも安らげる場」を目指し、設計施工。その過程で環境意識と自然素材に目覚め、最終的に土を使って壁と天井全てを仕上げた。

現代的空間をつくるため、下地としては鉄筋とスチールメッシュという工業的な素材が使われた。曲面の土壁は、オフィスビルの大きな柱と梁を隠し、ワンフロアを一つの空間としてつなぐために自然に生まれたもの。

 ここで5年間過ごしたが造形の自由度、表情の美しさ、呼吸するしっとりとした空気の質、全てにおいて土の空間は居心地が良く、まちづくりや環境のをテーマとしたフリースペースとして様々なイベントが行われた。

 

 その後「土とこども」をテーマに、日本や海外各地でその土地、素材、人を「つなぐ」場としての建築をつくる出発点となった作品。



  DATA

所在地: 東京都千代田区神田
主用途: 住居 ・ フリースペース・ 事務所 現存せず
床面積: 80.1㎡(24.5坪)、  
設計・施工: 直営、 ワークショップを含むセルフビルド
主な仕上げ
   床‐サワラフローリングt=18mm 無塗装
    壁・天井‐ 土t=30mm コテムラ仕上げ、一部鉄筋下地・既存デッキプレート表し
    大黒柱‐古材丸太もみじ
    間接照明‐ 木製梁:鉄骨下地 米松t=21mm 照明組込、既存ブロック壁穴あけ照明組込
設計・施工期間:1996年6月~2004年

 

 

This is the 'Urban Nest' with mud wall designed and built by an architect himself in the office building, Tokyo.

SU' is a 'Nest' in Japanese, which means 'self-built spiritual place for life.'

 

  An architect who is living in an office bldg. to appeal for urban dwelling and conversion has changed the place for 10 years from 'closed space with artificial materials' to 'open and spiritual space with natural materials' with as a start of wife's mental illness. For the comfort in the square space, curved mud walls and ceilings that have organic forms are designed according to the flow of 'Chi (Ki)' -the energy of the air, wind and sunlight.

This space has built as not only private residence but free space for the community with workshop which supported by the city development program of the ward.

 After opening, this place which has lots of events about community and environment is 'connecting people ' and growing as an base of community in the centre of Tokyo.

 

 DATA

Venue: Kanda Chiyoda-ku,Tokyo Japan Function: Conversion form office to residence/freespace/office 

Design : Kanda SU self-building including workshop

Building Area : 80.1m²   Residence 64.2m² ( including Living, Dining/freespace 37.8m² ) Office 15.9m²

 

Materials:

  Floor-(Soft wood  Flooring t=18mm no-coating   

  Wall/Ceiling- Ochre, brown & white Japanese mud plaster t=30mm rough finish, partly exposed deck plate ceiling      

   Main column- old round trunk   

  Indirect Light-curved wood beam: Douglas fir t=22mm, Openings in old concrete block wall

Design & Construction Term:1996~2004

    Build the earth with craftsmanship

 

            with local earth, trees, and people

              Architects studio in Karuizawa Japan

     

        遠野未来 建築事務所

地域の土・木・人で 大地を建築する

軽井沢の建築設計事務所

 

 ■English TEXT   

PROFILE  CONCEPT - 1  2  3  4  5    7     9 

10 -   

youtube