・美しさ   土と左官を使いた、環境・光と調和する美しい家

・健康    呼吸する自然素材の使用、人体に不安で地球環境への負荷がかかる化学物質を極力使用しない 

・省エネ   自然素材の断熱・蓄熱・調湿性、自然エネルギー、人体エネルギーを活用する

 

・・・ すべて満たす 「現代の 土の家」 をつくる.

 

 

・素材  ----  自然素材の使用。特にその土地の素材と技術、土に還る素材の使用。

 

土: 地元・現場の土(荒壁・中塗)、日本の色土の使用(仕上げ)。下地は木摺、竹小舞

しっくい: 国産しっくい、国産石灰による調合しっくい

木: 国産無垢材、県産材の木 針葉樹(柱:ヒノキ、梁:杉、赤松、

   床・壁・天井:杉、ヒノキ、サワラ、唐松など) 

   広葉樹(建材:タモ、ナラ、サクラ など、家具)

草:ワラ、ヨシ、麻など

紙:紙クロス、和紙など

断熱材:羊毛断熱材、樹皮断熱材、木質繊維断熱材                           

 

*使用しない素材:×集成材、×合板・・・シックハウス、接着剤の人体への不安、火災時の毒性、不確定な耐用年数。

   ×ビニールクロス・・・シックハウス、呼吸せず、接着剤の人体への不安。

火災時の急激な延焼の危険性。

構造   ---- 木構造による構造計算による耐震等級2(建築基準法 地震力の1.25倍) 以上. の確保

・・・ 通常は1.5倍以上確保      

 手刻み、伝統工法を生かした木構造の追求

  

→・協同 構造設計事務所:山辺構造設計事務所、増田建築構造事務所

大工塾

 

・断熱性能

----  平成11年次世代省エネ基準 省エネ等級4の確保  

平成28年改正省エネ基準 一次エネルギー消費量基準 以下

気象条件を生かしたパッシブデザイン         

    

→・協同  自立循環型住宅研究会

 

・自然エネルギー

 ----  蓄熱:土壁・土間による蓄熱の活用

暖房:薪ストーブ、暖炉の活用

太陽光温水器、太陽光パネル、雨水利用、風力など 

----------------------------------------------

・土建築研究  

----  各大学・民間団体との共同研究

 前橋工科大: 石川恒雄研究室(意匠・工法・環境)、三田村輝章研究室(温熱環境)

ものつくり大:大塚秀三研究室(版築工法)

埼玉大 地圏科学センター(工法・放射能遮断性能) 

NPO法人 土壁ネットワーク 

全国の左官の皆様 日本左官会議         他

 

・こども建築研究 

----  益社団法人 こども環境学会,  

 NPO これからの建築を考える 子ども建築塾

 

■ 設計基準 DESIGN STANDARD

    Build the earth with craftsmanship

 

            with local earth, trees, and people

              Architects studio in Karuizawa Japan

     

        遠野未来 建築事務所

地域の土・木・人で 大地を建築する

軽井沢の建築設計事務所

 

 ■English TEXT   

PROFILE  CONCEPT - 1  2  3  4  5    7     9 

10 -   

youtube