Rammed Earth Library

 

東京・九段 (2020)

before

after

▲ DETAIL:CLICK PHOTOS

Front View

Front View

Front View

Front View

Front View

Front View

Inside View

Inside View

Inside Wall

Inside Wall

Backside View

Backside View

Inside to Garden

Inside to Garden

Inside to Garden

Inside to Garden

Rammed Earth Detail

Rammed Earth Detail

Topside View

Topside View

Earth Field of Tokyo

Earth Field of Tokyo

 PHOTOS :Tono Mirai architects

曲面の土壁
版築
東京の残土 再利用東京建設残東京建設残土
じねん
自然
 
 
 
 
■ 設計主旨  Concept
 
 

東京の工事残土を再利用した版築(Rammed Earth)による

外寸の直径が1.7m、中のくぼみに人が一人入ることができるという極小空間。

 

 

詳しい工事内容とプロセスはFacebookPage

 

Detailed construction process:  https://www.facebook.com/eartharchitect/

 

 

 

● プロジェクトの経緯

 

このプロジェクトのきっかけは、今年予定されていた「ヴェネツィア・ビエンナーレ」にあります。

 

 ヴェネツィア・ビエンナーレは国際建築展と同時に行われる「もう一つ」のビエンナーレがあります。

それがNPO財団ECC(European Cultural Council) が主催し、世界150組の建築家が出展する建築展

’TIME SPACE EXISTENCE’です。

 国際展が国対抗の万博だとすると、こちらはECCのキュレーションにより、文化財の建築を中心とした会場で世界の若手から大御所まで、毎回150組以上の建築家がフラットに展示するレビューの場で、半年の会期で毎回60万人が来場する大きな展覧会です。

 

 ありがたいことに昨年当事務所にお声がけがあり、ご縁があってNI-WAさんと共に

出展させていただくことになりましたが、今年のコロナで来年に延期になり、

その前に第一弾として東京で実現したのが今回のプロジェクトです。

 

 

■土の建築 コンセプト JINEN  作為と無作為、構築と非構築

 

 そこで我々のチームが日本から海外に向け打出そうとしているのが「土の建築」による

 

’JINEN’

 

というコンセプトです。

 

日本には西洋から natureという言葉が入る前、

 

「おのずからしかる」(自ずから然る)=自然(じねん) 

 

という言葉があり、その思想は

「自然のなりゆきにまかせる。」「人為がないあるがままのあり方。」・・・など

日本人に根付いていて、人と自然の関係も「無作為」で一体であると考えられていました。

 

近代ではそのような考えは、「自然へのよりかかり」であり否定的な意味で考えられてきましたが、

人間中心主義の成長の思想が地球の危機まで生んでしまった現在、もともと日本人が持っていた

自然の力への「直感的感応力」を再評価し、現代の美意識として日本から世界に発信できれば

というのがその思いです。

 ※ 自然(じねん)についての日本文化と近代建築についての議論の詳しくは

建築家・磯崎新さんの著作 「建築における「日本的なもの」 」をお読みいただければと思います。

 

●建築で土を使う意味

 

 

 私は建築で土を扱ってきて、

 

「自然に逆らうことはできない。」

 

 といつも感じます。

 

 冬は土が氷って仕事ができませんし、手順を逆にしたり省いたりして簡略化できないところが大きくあります。

天候と季節に大きく左右され、それを受け入れ、自然に従うことがスタートになります。

 

しかし、だからこそ自然や時間と一体となったものができたときの 「よろこび」や「かけがえのなさ」

があります。

 

 また建築的を設計する上で私個人として、西洋建築の基本である「構築」という概念が自分の中で

ずっと「違和感」があり、それを超える「非構築」「直感」「無作為」・・・というコンセプトで建築をつくりたいという思いがあります。

 その思いを表現できることが、「環境負荷の少なさ」「心地よい空気」とともに自分にとって「土」を使う大きな理由のひとつです。

 

●ヴェネツィアへ向けて

 

 ヴェネツィアでは日本的空間として「中と外が一体となる空間」を土を使って展示したいと考えており、

今回の作品も我々が考えるJINENの空間の一つです。

 

 これから1年間かけてコンセプトを練りながら日本とイタリア、そして世界を結び、

土の建築の有効性をアピールする展示にしたいと考えています。

 現在、現代における土の建築は、国際的にヨーロッパ・アフリカ・北南米・中国・・・など他国

に押されていますが、ぜひ日本から世界への発信を目指したいと思っています。

 

 ぜひ、今後も進捗状況をご紹介させていただこうと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

    Build the earth with craftsmanship

 

            with local earth, trees, and people

              Architects studio in Karuizawa Japan

     

        遠野未来 建築事務所

地域の土・木・人で 大地を建築する

軽井沢の建築設計事務所

 

 ■English TEXT   

PROFILE  CONCEPT - 1  2  3  4  5    7     9 

10 -   

youtube