nest=0

   個展 / 土の空間
ロンドン(97-99ギャラリー)2000
 
 

 

 2000年ロンドンで制作・展示された土の建築インスタレーション作品。

 

 ロンドンの土と茅葺き用の葦を使って日本と現地の学生、職人、こどもたちと1ヶ月にわたって空間を制作。ロンドンの新聞やラジオでも取り上げられ、大きな反響があった。

 

​ にじり口のような円形の入り口から靴を脱いで中に入る。わらのトンネルを抜けると、土の空間にたどり着き、土のベッドで横になり、場と一体になることができる。

 

​  1ヶ月の展示のあと、使った土は植木鉢となり、日英・小学生の子どもたちが交換し国際交流。

 円形の入り口は切り取られ、近くの小学校の花壇として再生された。

​  ロンドンという場所柄、あらゆる人種の人が来たが、興味深かったのは日本人も含めすべての人が「こんな家が自分の国にある・・・」と感想をもらしたこと。それを聞いていかに土の家が世界中にあるかを初めて感じ、土の家づくりの道に進むきっかけになった。


  このとき初めてこどもと一緒に空間づくりを行い、その生命力に感銘を受け、現在も各地でこどもたちとの

活動を続けている。

 

Photo:Helen Binet

    Build the earth with craftsmanship

 

            with local earth, trees, and people

              Architects studio in Karuizawa Japan

     

        遠野未来 建築事務所

地域の土・木・人で 大地を建築する

軽井沢の建築設計事務所

 

 ■English TEXT   

PROFILE  CONCEPT - 1  2  3  4  5    7     9 

10 -   

youtube