Shell House /   The language of forest

木造シェルの土の家
  長野県 2018年 
 
Shell House.JPG

Shell House.JPG

2nd Floor

2nd Floor

Photo: takeshi noguchi

Living

Living

Photo:takeshi noguchi

1St Floor

1St Floor

Photo: takeshi noguchi

Exterior view from North

Exterior view from North

Photo:takeshi noguchi

Exterior

Exterior

Photo: takeshi noguchi

Exterior view from West

Exterior view from West

Photo: takeshi noguchi

Exterior

Exterior

Photo:takeshi noguchi

Exterior View from East

Exterior View from East

Photo:takeshi noguchi

Exterior

Exterior

Photo:takeshi noguchi

View from terrace

View from terrace

Photo:takeshi noguchi

Exterior

Exterior

Photo:takeshi noguchi

1 St Floor

1 St Floor

Photo:takeshi noguchi

2nd floor

2nd floor

Photo: takeshi noguchi

View from Terrace

View from Terrace

Photo:takeshi noguchi

terrace

terrace

Photo:takeshi noguchi

1St Floor

1St Floor

Photo:takeshi noguchi

Interior

Interior

Phoro: takeshi noguchi

Earth Wall

Earth Wall

Photo:takeshi noguchi

View from Inside

View from Inside

Photo: takeshi noguchi

View from inside

View from inside

Photo:takeshi noguchi

版築暖炉 Rammed Earth fireplace

版築暖炉 Rammed Earth fireplace

Photo: takeshi noguchi

1St Floor

1St Floor

Photo:takeshi noguchi

1St Floor

1St Floor

Photo:takeshi noguchi

Earth wall

Earth wall

Photo:takeshi noguchi

Stairs

Stairs

Photo :takeshi noguchi

2nd floor ceiling

2nd floor ceiling

Photo:takeshi noguchi

Staircase

Staircase

Photo:takeshi noguchi

Staircase

Staircase

Entrance

Entrance

Photo:takeshi noguchi

017.JPG

017.JPG

2nd floor window

2nd floor window

Photo:takeshi noguchi

Roof Construction

Roof Construction

Bath Room

Bath Room

Photo:takeshi noguchi

Sanitary

Sanitary

Photo:takeshi noguchi

Rest Room

Rest Room

Poto: takeshi noguchi

Concept Image

Concept Image

Shell House Concept

COCEPT.jpg

COCEPT.jpg

Show More
Photos: takeshi noguchi
Show More
Concept Drawing

■ 設計主旨  Concept

 

信州の森の中につくられた、土から生まれる原初生命体として別荘建築。 

 

建主からの「非日常的で美しく、時が経っても古さを感じさせない」という要望と

100坪未満の狭小敷地で景観条例による後退距離、建ぺい・容積率20%という条件から、

通り側の北・西側を閉じ、水路のある東・南側の大開口より冬に太 陽光と熱を取込み「周囲の森に溶込む」建築を意図し、

それを地場の木と土を使い、土壁の蓄熱・調湿を生かすパッシブ 建築として、

新建材(合板・集成材・石膏ボード)を使わず現代の省エネ基準を満たしてつくられた。

 

伝統的木組を生かし 屋根は木造シェル、軒は桔木を使用。 

 

土と木が生命・生成・運動を示す「人に語りかける建築」である。 

 

 

 ■ 受賞

 

 2018年  中部建築賞 住宅部門特別賞。ウッドデザイン賞2018 。

    2019年  長野建築文化賞 住宅部門最優秀賞(県知事賞)、Architizer A+Award 審査委員賞。

     関東甲信越建築士会ブロック会 優良建築賞。

    2020年 木の建築賞(モリノチカラ賞)、日本建築学会作品選集2020

 

 

 ■日本建築学会作品選集2020選評......佐倉弘祐様  (信州大学助教)

 

 現地に赴き,まず目を惹くのが,卵を半分に割ったようなかわいい フォルムと水路に向けて鳥がくちばしを

開いたような開口部で構成さ れる外観である。一見奇抜に見えるが,景観法,既存樹木,敷地沿い

を流れる水路を考慮しながら,熟考した末に必然的に導かれた形状だ と言う。

 軽井沢特有の設計要件を積極的にデザインへと昇華させてい る。

木造シェル構造に土壁を併用することで,線形の硬い印象が強い 木材に柔らかさを付加することに成功している。

また優れたスキルが 求められる施工に対して,「長野県には熟練した職人が多く,彼らが いなければ完成しなかった」

と職人への敬意も忘れない。土壁の一部 にあえて美しいキズリを残しているのが,その象徴だ。

 

 内部空間は,水路方向を除くほぼすべてのアングルで木材と土壁が 共存しており,

大自然に包まれているような安堵感を覚えた。

 

周囲の 樹木とともに,木材と土壁の経年変化も楽しめる別荘にうってつけの 作品である。

 

 

 

1St Prize Nagano architectural
Award 2019

    Build the earth with craftsmanship

 

            with local earth, trees, and people

              Architects studio in Karuizawa Japan

     

        遠野未来 建築事務所

地域の土・木・人で 大地を建築する

軽井沢の建築設計事務所

 

 ■English TEXT   

PROFILE  CONCEPT - 1  2  3  4  5    7     9 

10 -   

youtube