みらいのいえ

神奈川県三浦市 2010​

 Modern old future house

全景

全景

2014 アプローチ

2014 アプローチ

南面

南面

図面

図面

Rの蓄熱壁

Rの蓄熱壁

蓄熱壁としての版築壁

蓄熱壁としての版築壁

2014 土壁仕上げ

2014 土壁仕上げ

2014 版築壁

2014 版築壁

2Fサニタリー

2Fサニタリー

1Fサニタリー

1Fサニタリー

蓄熱する土壁
パッシブデザイン
草屋根
カフェにもなる土間
薪ストーブ
古材再生
高窓
上下換気
農的暮らし
エアコンなしで暮らす
省エネの家
草屋根に登り海が見える
 
 

■ 設計主旨  Concept

 

 神奈川県三浦海岸沿いの丘の中腹に立つ環境共生住宅。

 

 日本の「伝統的民家」と現代の「環境共生」を組合せた住まい。これをあえて21世紀における「みらいのいえ」と名付けた。一見すると伝統的な和風の家のつくりだが、上下換気のための高窓のある吹き抜け、屋根の一部を切り取った草屋根の屋根テラス、リビングと土間をつなぐ曲線を描く土壁と蓄熱の版築壁・・など省エネ効果のある現代の家のつくり方になっている。

 

 伝統構法の大工とともに、インターネットと口コミの一般公募よるワークショップで工事が行われ、延べ200名が参加。

 

 単に作業を手伝うのではなく、「家づくり」を契機に地域や 現代のコミュニティをつくるという意味で「コミュニティ・ビルド」と呼ばれ、現在ではその考えは東日本大震災以降のまちづくりのキーワードの一つともなっている。

 

▶  DETAIL DATA TEXT

 

    Build the earth with craftsmanship

 

            with local earth, trees, and people

              Architects studio in Karuizawa Japan

     

        遠野未来 建築事務所

地域の土・木・人で 大地を建築する

軽井沢の建築設計事務所

 

 ■English TEXT   

PROFILE  CONCEPT - 1  2  3  4  5    7     9 

10 -   

youtube