■ 土の建築と土壁の本   遠野未来建築事務所が関わらせて頂いた出版物です。

     

 

■ TERRA magagine   2018    Terra Migaki Design Project

 

   日本とイタリアを結ぶ土と左官のデザインプロジェクトTerra Migaki Design

の3年の成果をまとめた本。当事務所の作品もご紹介頂いています。


    

詳しくはこちら ▼

 

画像クリックで拡大し、お読みになれます。

                                                                                                                                                    

 

■ 版築 ー今蘇る、土の建築   実践的建築教育の試み (上毛新聞社)

 

     石川恒雄/遠野未来/三田村輝章 著

     

 

Contempotary Earth Architecture in Japan  / Tono Mirai

                                (Italy / English)

 

◀ DETAIL PAGE CLICK

 

6年間続けてきた前橋工大での土の建築の授業がブックレットとして出版されました。

 

私はその中で、「版築のつくりかた」と「土建築の未来」について書かせていただきました。土建築をこれからやろうとされている方はもちろん一般の方にも読みやすい内容です。

 

864円とお手頃な価格で、アマゾンでご購入できます。 (→こちら

 

土の建築にご興味がある方は、ぜひご覧いただければありがたいです。

 

遠野未来

 

■日本の原点シリーズ 7 土 (新建新聞社) 

     

 

1/1

    これからの日本の土の家にむけて     遠野未来建築事務所 遠野未来 

 

● 日本の土の家の可能性

● コミュニティビルドと土建築の広がり

● 日本の土の家の可能性

 

 土は人類最古の建築素材でありながら、現代最先端の素材である。

 今でも世界の人口の1/3は土の家に住んでいるといわれるように、土は世界中どこにでも手に入り、あらゆる形に加工できる。調湿、蓄熱性に富み、建築の構造にも仕上げにも使え、製造 廃棄エネルギーはあらゆる素材の中で最も小さく、リサイクルが可能。・・・現代建築の3要素である省エネ・健康・空間造形 すべてを満たす理想の素材といえる。ただし、土よって物性が異なる、雨に弱い、乾燥期間が必要・・・などの面で扱うのに経験が必要な素材でもある。建築素材として長い歴史を持つ土は近代建築の「鉄・ガラス・コンクリート」という近代建築の発展とともに過去のものとして扱われていたが、環境と省エネ意識が高まった1970年代以降、ヨーロッパの大学や研究所を中心に構法・材料・温熱などの研究や科学的な解明がなされ、世界各地で土の建築を復活させる運動が広まっていった。さらに21世紀に入って住宅の高気密・高断熱化が進む中、建物の過熱(オーバーヒート)を緩和させる、調湿・蓄熱性のある現代の省エネ素材としても再評価され、現在土は世界中の建築の中に様々な工法で使われるようになっている。

    Build the earth with craftsmanship

 

            with local earth, trees, and people

              Architects studio in Karuizawa Japan

     

        遠野未来 建築事務所

地域の土・木・人で 大地を建築する

軽井沢の建築設計事務所

 

 ■English TEXT   

PROFILE  CONCEPT - 1  2  3  4  5    7     9 

10 -   

youtube