山形「いのちの庭」プロジェクト /The project of  Garden of organic life in Yamagata 

Garden 
山形県 2020年 
 
いのちの庭 全体図

いのちの庭 全体図

いのちの庭 コンセプト

いのちの庭 コンセプト

いのちの庭 土の遊び場

いのちの庭 土の遊び場

■ 設計主旨  Concept

 

創造都市やまがたの拠点として再整備するための

活用実験プロジェクト= Q1プロジェクトの第5回クリエイティブ会議として

先月行われた山形ビエンナーレでライブ配信で紹介させていただいたプロジェクト。

 

https://www.facebook.com/yamagata.q1/

 

====

 

現在 山形駅近くの観光文化交流センター「山形まなび館」となっている

昭和2年につくられた旧山形第一小学校の中庭を

 

畑や遊び場、環境教育の場、市民の皆さんの交流の場

 

 

    =「いのちの庭」

 

として活用するプロジェクトの一つの案として描いたスケッチ。

 

■いのちの庭プロジェクト

 

生命のつながりと循環を示す2つの円をモチーフに

広場とパーマカルチャーによる菜園が対比しながら循環する。

 

所々に土によるこどもも遊び場があり、こどもたちが庭を

駆け巡ることができる。

 

イベント時にはオーガニックマーケットや映画際が行われ、市民の皆さんの交流の場となることを

願っている。

 

■ 第5回クリエイティブ会議にて

 

 2020年9/22に山形と東京を結んで行われたクリエイティブ会議ではQ1プロジェクトの

コアメンバーである東北芸工大教授 映像作家の岩井天志先生,建築家の馬場正尊先生、

山形ビエンナーレのアーティステック・ディレクターも務められた医師の稲葉俊郎先生

とスケッチを交え様々なお話をさせていただきました。

 

その中で皆さんの共通意識として上がったのが

 

「完成しない」「つくり続け、常に変化する」

 

ということでした。

 

これは現在の「建築」の対極にある考えで、市民の皆さんや子どもたちも参加して

作る続ける「変化する場」をつくることは自分のこれまでの活動テーマでもあります。

 

そのために形が自由になる素材としての「土」が有効だという

ことをディスカッションで共有できたのがとても良かったです。

 

この中庭は施設をリノベーションし活用が始まる2年後

をめざして、これから内容をつめて行く計画です。

 

ぜひまた参加させていただき、実現のお力になることが

できればうれしく思います。

    Build the earth with craftsmanship

 

            with local earth, trees, and people

              Architects studio in Karuizawa Japan

     

        遠野未来 建築事務所

地域の土・木・人で 大地を建築する

軽井沢の建築設計事務所

 

 ■English TEXT   

PROFILE  CONCEPT - 1  2  3  4  5    7     9 

10 -   

youtube